いいオンナ いい女

シンママ、尊敬します

満島ひかりさん主演のドラマ「WOMAN」。シンママのドラマ。

 

初回見たけど、もう涙流しっぱなし。
夫を事故で亡くして賢明に子供2人を育てようと奮闘する母のドラマ。
最初は心に余裕があって、貧しいながらも笑顔で子育てしてたけど段々追い詰められていく姿が痛々しくて。
何気ない子供の冗談にも泣いてしまうその気持ち、分かるなあと思いながら見てた。
心に余裕がないと無理だよね。

 

全てのシンママがあんなに辛い思いをして育児しているんじゃないとは思うけど、ああいう思いをして子育てしてる人がいるっていうのも事実。
調べたけど、片親手当てって金額少ないんだね。案外。4万弱とか。
4万を多いとみるか、少ないとみるかは人それぞれだろうけど。
せめてもう少しあってもなあって、思っちゃった。
無駄なところに税金使ってるくらいなら、本当に必要な人に分けてあげればいいのにな!
その為の税金なら皆も喜んで払うんじゃないかな、って思うけど。

 

私、もしもシンママになったら逞しく生きていけるんだろうか。
社会に負けず。いや、お金に負けないで一人で息子を育てていけるんだろうか。
このドラマを見てると、ちょうど子育て中だから自分と重ねて見てしまうんだよね。
落ち込むくらいなら見なければいいのに。でも見ちゃうんだろうな。

オススメ、和の香水

メイクはお勤めしてから始めたくらいで、わりと遅めのスタートだったんですが、子供のころから香水は好き。
小学生のころは、お出かけのときに母にパウダーの香水をつけてもらうくらいでしたけど、中学生になると香り探しをスタート。当時はおこづかいももらえなかったですし、服もあんまり買ってもらえなかったんですが、母も香りは好きだったのでそこだけは協力してくれました。

 

色んな「好き」と思う香りを試しましたが、「30歳になったらシャネルの5番をつける」と決めていて、30歳の誕生日以降はコレに安定してます。
周りもみんな知ってるので、おみやげやプレゼントにいただくことも多く、家には常にストックが。
たまに浮気したくもなりましたが、妊娠したとき「赤ちゃんはお母さんの香りを覚えてるので、変えない方がいい」と聞いて、妊娠〜3歳ごろまではその気持ちを封印。

 

でもそろそろ鼻に刺激がほしい(?)と思ったときに、花の名前で香水を検索していてみつけたのが「武蔵野ワークス」。
和の香水を販売されてるお店です。金木犀、沈丁花、白檀、白梅、沈香・・・和のお花の香りがたくさん!
わたしのお気に入りは金木犀。ほんとに金木犀の、甘い香りです。友達にも、「この香り大好き!」と言われます。

 

ここの香水のいいところは、1mlの商品があるところ。ひとつ178円なんです。気軽にいろいろ試せます。色んな種類をまとめて買って、それでも2000円くらいだったんですが、オマケに練り香水をいただいて。練り香水って初めてでしたが、割と香りが安定して持続するのが、面白いなと思いました。
ちょっと浮気したいくらいの感覚には、ほんと嬉しいサイズ!香りも素敵です。普段から香水使ってる人にも、ちょっと使ってみたい人にもオススメのお店です。

 

ということで、そろそろプリウスの購入、真剣に検討しはじめようと思います。
プリウスの値引き、このサイトが参考になります。